*

ホットメールで一斉にどれだけの宛先にメールを送れるか調べてみた

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 ホットメールで実験

itai31

こんにちは

今回の実験は、ホットメールで一回にどれくらいのメールを送信する事が出来るのか調べてみました。

特にホットメールではスパムとして利用されないために色々な対策を行っています。

そのため一度に送れるメールの制限をしているものと考えられます。

普段普通の人がメールを大量に送るシチュエーションは少ないと思いますが

仕事や、なにかの活動なんかで必要になる事があるかもしれません。

調べた所、ネットカメラなどで監視を行い動くものを検知するとメールを送る

というようなシステムもあるようなのでこの実験のニーズはありそうですね。

スポンサーリンク

1000件送れるか!?

まずは1000件送信できるかチャレンジしてみました。

大量メール実験1

すると以下のようなメッセージが表示されました。

大量メール実験2

このメッセージの右にある確認をクリックすると

携帯電話のメールアドレスを登録する画面に移動しました。

調べた所によると、ホットメールのアカウントで携帯のメールアドレスを

登録しておくと一日に送れるメールの最大値が増えるとの事でした。

これを登録していないと、スパムなどの可能性があるためメールを送れる数に

制限をかけられている状態になっています。

確認後、本当にその携帯電話のメールアドレスが存在するか

携帯電話にメールが届くので、これによってスパムでは無い事を確認しているのです。

またこの送信上限の引き上げが反映されるには携帯電話のメールアドレス登録後

数日はかかるとの事だったので登録してから日が長いアカウントで1000件のメールを送信してみました。

すると

大量メール実験3

送信した送信メールを見てみると

大量メール実験4

227件までしか送信出来ていなかった事が確認できます。

 

一回に送信できるメールの上限 実験結果

結果:227件

 

まとめ

一回に送信できるメールの上限は実際にやってみた結果227件だった

しかし、マイクロソフトではホットメールをスパムメールとして使われないように

制限をかけており、携帯電話番号のメールアドレスなどの個人情報を

登録しないとその制限が付いたままなので普通に使う分でも上限にいってしまうようだ。

いくら沢山のメールを送信できるからといって決して自分がスパムのようなメールを送らないようにしましょう。

<PR>金持ち父さんの続編が出ました!<PR>

関連記事

no image

一日に作れるアカウントは最大どれくらい?

こんにちは ホットメールの実験室へようこそ マイクロソフトのアカウントってホットメールも

記事を読む

no image

相互でメールを送受信できる仕組みをまとめてみた

こんにちは 今回は実験というよりも、今まで紹介して来たホットメールの設定方法の中で ホッ

記事を読む

no image

ホットメールはどれくらいサポートしてくれるのか

ホットメールはフリーメール、つまり無料のサービスであるため 基本的に分からない事や、トラブ

記事を読む

no image

ホットメールの標準迷惑メールフィルターがどれくらい有効か調べてみた

こんにちは 以前の記事(こちら)で迷惑メールのリスクというものをご紹介しました 要約する

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
android携帯からメールが送れない

前回iphoneでメールが送れなくなったというトラブルを記事にしました

no image
iphoneからメールが送れない

ある日の事、いつもの通りiphoneでホットメールをしようとしたら「不

no image
android標準メールアプリでホットメールを使う

最近4年間使っていたiphoneに別れを告げてy-mobileのand

no image
ホットメールの有料版と無料版の違い

こんにちは、久しぶりの投稿です。仕事がバタバタしていてひと段落つきまし

SkyDriveとOneDriveの違い

こんにちは 以前からマイクロソフトのストレージサービスを使ってい

→もっと見る

PAGE TOP ↑